「 介護脱毛 」という言葉を
最近耳にするようになってきました。

介護で下の世話を受けることを想定して
アンダーヘアのムダ毛を脱毛して
すべてなくしてしまう女性が増えてきているそうです。

VIO脱毛をしてつるつるにする方が
40代以降の女性の間で増えているそうですが

もっと若い20代くらいの女性でも
全身脱毛をするときに、将来の介護のことを考えて
アンダーヘアをなくしてしまう人も少なくないのだとか。

それだけ「 介護の問題 」が身近になっている
ということなのでしょうね。

毛の一部が白髪になってからだと
その毛を脱毛をすることはできないので
始めるなら若いほうがいいのです。

Vラインを残すかどうかは個人の好みにもよりますが
排泄物が付着しやすいIラインとOラインは
きっちり毛をなくしてしまうことをおすすめします。

最近はこのように「 介護脱毛 」を受けて
事前にムダ毛をなくしてしまう、という知識も
少しは広まってきているわけですが。

現在、介護を受けられている方で
アンダーヘアの脱毛処理が完了している方というのは
ほとんどいらっしゃらないのではないかと思います。

介護の現場では、おむつ交換の際に
大変な思いをされていることが多いようです。

介護をする側が大変、というのは
見聞きしていたことなんですが、
介護される側にも大きな問題があるそうで・・・

肌や毛に付着した排泄物を拭き取った後は
保湿などをするわけでもなく、
肌は乾燥して赤くなり、切れてヒリヒリすることも。

そこにおむつを履くと、蒸れたり、
自分の糞尿が滲みて痛い、
ということになりかねません。

その状態で、また拭き取って、
乾燥が進んで、滲みて痛い、この繰り返し・・・

このような状態が続くと、
人間は尊厳維持のための防衛本能が働き
痴呆症になってしまうこともあるのだとか。

胸が痛くなる介護の現状です・・・

このようなリスクがあるということを
事前に理解した上で、アンダーヘアの脱毛は
きっちりと済ませておくべきだと思いました。

私は、現在までにIラインとOラインの脱毛は
医療レーザー脱毛でほぼ終了し、
Vラインは形を整えてのこしてあるのですが
この話を聞いて、全部なくしてしまおうか・・・
とも考えています。

いずれにしても、
これからの時代を生きるすべての女性に
必要なケアなのは間違いありません。

母親と姉、妹にも
伝える機会を持たないと・・・

デリケートゾーンのケア方法 4つのステップ

膣ケア(会陰マッサージ)体験談 まとめ

会陰マッサージにおすすめのオイル

膣トレグッズ

VIO脱毛のススメ
 
 
膣ケア(会陰マッサージ)の方法はこちらの書籍を参考にしています。

【 おすすめ書籍 】

ちつのトリセツ 劣化はとまる [ たつの ゆりこ ]
 
 
40代女磨き