先日、旅行先で
「 和式トイレ 」を利用しました。




たま~にありますよね、
和式トイレしかないところ。

その和式トイレを利用させてもらって
ふと思ったのが・・・

「 これって、けっこうな筋トレだよね 」

最近、自宅で軽くスクワットなどの
運動をしていることもあって
脚の筋トレには敏感になっているのかも(笑)

昔の人は、こうやって
日々何度も利用するトイレも
何気に脚力を鍛えてくれるような
運動になっていたんですよね。

運動って言ったって、一瞬のことじゃない
と思うなかれ。

ちょこちょこ運動も
回数が積み重なれば
それなりの効果があるらしいですよ。

週に一度ジムでがつっと運動して
その他の6日間はあまり動かない
という生活のほうが、
筋肉にとっては
いい環境とは言えないようです。

ちょこちょこの積み重ねが大切です。

しっかり運動+ちょこちょこ
が一番いいですけどね。


で、そんなことを考えますと
和式トイレを利用することで
脚力だけではなく
骨盤底筋も鍛えられていたのかな、と。

昔の女性はできていた
という本があるんですけどね。

これは、経血コントロールが
できていたというお話なんですけども。

生理の時の経血は
おしっこと同じように
トイレで出して流すんです。

対して、現代女性は
ナプキンという便利なものがあるので
経血のコントロールができず
垂れ流し状態なんですね。

(あ、でも鍛えれば
経血コントロールはできるようになりますよ!)

かと言って、和式トイレを
利用することって
日常生活ではほぼないので・・・

脚力はスクワットで、
骨盤底筋は膣トレで、
それぞれ鍛えていきたいと思います。

ちょこちょこの積み重ねでね。

デリケートゾーンのケア方法 4つのステップ

膣ケア(会陰マッサージ)体験談 まとめ

会陰マッサージにおすすめのオイル

膣トレグッズ

 
膣ケア(会陰マッサージ)の方法はこちらの書籍を参考にしています。

【 おすすめ書籍 】

ちつのトリセツ 劣化はとまる [ たつの ゆりこ ]




デリケートゾーンのエクササイズ!