会陰マッサージ12回目。

オイルケア入浴~会陰マッサージの
流れ(手順)が定まってきました。


最初は、
デリケートゾーンを洗った後に
あ、顔にオイル塗るのに・・・と手を洗い

排水口のお掃除をした後に
あ、会陰マッサージするのに・・・と手を洗い

なんだか効率が悪いというか
流れがスームズに整っていなかったんですよね。

トライアンドエラーを繰り返し
やっと自分なりの流れ(手順)が整った感じです。

今現在のやり方は
またあとでまとめておこうと思います。


それにしても、
肌の色や、デリケートゾーンの色が
本当に綺麗になってきました。


ショーツラインにできていた
角栓みたいなブツブツ(黒いの)が
すごく小さく目立たなくなってきました。

鼻の角栓の小さい感じのものなので
オイルケアをしていけば
そのうち綺麗になるとは思ってましたが
予想通り、いい感じになってきています。

もう少し時間はかかりそうですが。

外性器もくすみが取れて明るくなってきたり
ピンク色が綺麗になってきたりしている気がします。

会陰マッサージをする前の状態を
はっきりと覚えていないので
(直視できなかった)
どのくらい変化したかというのは
比較できないのが残念です。

ちゃんと確認しておけばよかった。

これから会陰マッサージを
始めてみようという方がいましたら
ぜひ、しっかりと今の状態を見ておくことを
おすすめいたします。

できれば写真に撮って
比較するといいよね。
私はできないけど・・・


そして、最難関(?)の骨盤底筋トレーニングですが
後ろ側(肛門括約筋)の方は
完璧に近くなってきたかもしれない!
と思うくらい上達しています。


このやり方でやっていますよ。
骨盤底筋トレーニングの方法(女性の場合)

足を大きく横に開くのが
コツかなと思います。

数日くらい前までは
あ、指に触れているところが
動いたかな?というくらいだったんです。

ですが今日は、
ぎゅーっと掴むような動きも
できるようになってビックリ!!

たしか本にこんなことが・・・

「 セックスしているとき、女性の膣は、
柔軟であれば、男性器をぐーっと引き込むように動きます 」

と書かれていました。

ほー、そうなんだ。
これできるようになったらスゴイな。
と思っていたんですが。

会陰マッサージや
膣のトレーニングで柔軟さを取り戻せば
きっとできるようになるんでしょうね。

短期間でどんどん変化を感じています。


デリケートゾーンのことや
ましてや膣の話なんて日本ではタブーで
アダルトと紙一重みたいなところがありますが。

会陰マッサージで女性器のケアをして
柔軟さを保ったり、健康を取り戻したりすることは
女性の人生にとってとても大事なことだと思うので。

自分の体験とともに伝えていきたい、
そう思います。

その時のためにも・・・

つぶやきのようなこの日記ですが
毎日感じた少しの変化も
丁寧に残していきます。

デリケートゾーンのケア方法 4つのステップ

膣ケア(会陰マッサージ)体験談 まとめ

会陰マッサージにおすすめのオイル

膣トレグッズ

 
膣ケア(会陰マッサージ)の方法はこちらの書籍を参考にしています。

【 おすすめ書籍 】

ちつのトリセツ 劣化はとまる [ たつの ゆりこ ]




デリケートゾーンのエクササイズ!