デリケートゾーンのケア方法 の1つ目のステップです。




デリケートゾーン(膣まわり)のケアの最初のステップは「 洗浄 」から。

膣まわりの洗い方って、誰かに教わる機会もなく、知っているようで知らない、という方が多いのではないでしょうか?

デリケートゾーン(膣まわり)には、膣垢(ちつこう)という白くポロポロしたカスのようなものが溜まりやすく、清潔に保ちきれていないと、ニオイや雑菌繁殖の原因に。

ここで一度、膣まわりの正しい洗い方を見直してみましょう。

デリケートゾーン(膣まわり)の洗い方

膣まわりは繊細でデリケートなので、スポンジやタオルなどを使うのではなく、手で優しく洗うのが基本です。

まず、大陰唇と小陰唇の細かいひだになっている部分を、指でつまむようにして丁寧に洗います。

ひだの裏側には恥垢(白くポロポロとしたカスのようなもの)が溜まりやすく、ニオイや雑菌繁殖の原因になり、ときにはクラミジアや真菌症などの病気をまねくこともありますので、念入りに洗いましょう。

クリトリスの部分も恥垢が溜まりやすい部分です。皮をかぶっている人もいるので、内側まで優しく丁寧に洗ってください。

最後は肛門まわりです。意外と細かい毛がたくさん生えている部分で、便やトイレットペーパーのカスなどが残りがち。

放射線のしわになっていて、汚れが溜まりやすい場所なので、しわの間まで注意して洗ってあげるといいですね。

ソープ(洗浄剤)の選び方

デリケートゾーン(膣まわり)は「 お湯のみで洗う 」「 身体と同じボディソープや石鹸で洗う 」だいたいこの2タイプにわかれると思います。

膣垢をキレイにするには、お湯のみでは清潔にできているとはいいきれませんし、ボディソープや石鹸では刺激が強すぎます。

膣まわりの肌は、バリア機能を持っている角質がないので、ボディソープや石鹸では刺激や洗浄力が強すぎて、しみたり、肌が乾燥する原因に。

膣まわりの肌を優しく洗浄してくれる、デリケートゾーン専用のソープを用意しましょう。

粘膜部分は吸収力が高いので、できるだけオーガニックのものを選ぶようにするといいですね。

おすすめアイテム

こちらは、オーガニックのデリケートゾーン専用ソープ。弱酸性で肌にやさしい💕


アンボーテ フェミニーナウォッシュ


石鹸やソープ類で乾燥してしまうときは、オイルタイプの洗浄剤をチョイス。こちらもオーガニックで安心です。


デリケートウォッシュオイル


デリケートゾーンの肌に優しい専用ソープで洗ったら、次は「 保湿 」です。

ステップ2.保湿