今月はめずらしく生理痛がありました。

以前のひどいときほどではありませんが
はっきりと「 生理痛 」という感じの
鈍~い痛みがあります。

この生理痛の原因は自覚しております。

それは・・・
アイスの食べ過ぎ(笑)
(ほぼ毎日食べてます・・・)

甘いものを食べるのやめる
または量や頻度を控えるだけで
この生理痛はなくなると思います。

今までの経験から
これは確実なんですよね。

自分の体にとって
甘いものがどんな影響があるか
というのはわかっているので。

これは自分の体の体感なのですが、
でも、多くの人に当てはまると思います。

砂糖は体を冷やしますからね。
かつ、アイスですから(笑)
ダイレクトに内蔵を冷やします。

少しの量でも
毎日、というのは内蔵に負担をかけるのだそう。

それなら、たま~にドカ食い
のほうがマシらしいです。

・・・・・・・・・・・・・

そんな感じで、
私自身は、生理痛の改善方法を
自分で理解しているのですが。

もともと生理痛はないのが普通

ということを知らない人って
意外といるんだな~ということを
最近改めて感じたんですよね。

生理痛はないのが当たり前!?

そうなんです。

本来、生理痛ってないんです。

例えば、普段健康な人が
胃が痛くなったとするじゃないですか。

あれ?何だろう?
胃が痛いな。

ってなりますよね。

そういう感じなんです。

本来は、生理がきても
お腹が痛いとか、頭が痛いとか
吐き気がするとか
そういう不調って何にもないんです。

なので、お腹が痛かったら
あれ?痛いぞ???
となるのが自然。

でもね、まわりの人もみ~んな
生理痛があるのが当たり前だから
「 そういうもんだ 」
って思ってしまいますよね。

生理痛がないなんて言っても
信じられない!という人も
いるかもしれません。

でもね、人間本来の体って
そうなんです。

・・・・・・・・・・・・・

そこでね

「 ああ、私は生理痛がある。
自然な状態じゃないってことか・・・ 」

と落ち込む必要はなくって

何かしらの改善方法を試してみて
生理痛がない状態に戻すことは
十分可能だってこと。

自分でコントロールすることが
できるということなんです。

いままではどうしようもない、
と諦めていたことが

生理痛のない快適な状態に
なれるかもしれない、ってこと。

それって、なんだか
力を取り戻せる感じがしませんか?

・・・・・・・・・・・・・

生理痛の原因って
本当に人それぞれ。

体質も環境も違いますから。

ご自分にあった方法を
根気よく探してみてほしいなと思います。

わたしが思いつくことを
いくつか書き出しておきますので
参考にしてみてください。

※赤字は特に大切だと思うものです

◎食事編
・甘いものをやめる(控える
・食品添加物などを取らない
・脂っこい食事を控える
・和食中心の食事にする
・コンビニ弁当などは食べない
・体を冷やすものを摂らない
・彩りよくバランスのいい食事をする

◎生活編
・早寝早起き(夜更かししない!)
・体を冷やさない
・ストレスを溜めない
・布ナプキンを使う

ものすごーく基本的なことで
裏技的なものはありません。

なんだ~そんなことか~
と思われるかもしれませんが、
ひとつでも気になったものがあったら
試してみてください。

体が変わってくるまでには
多少時間はかかりますが、
なにかしらの変化は感じられると思います。

全部できたら・・・かなりいいですよ!


ちなみに上記は、婦人科を受診して
異常がみられないけれども
生理痛がある人向けの改善方法です。

なにかしらの婦人病がある方は
治療等とあわせて行ってみてください。


自己判断が難しい場合は
プロのアドバイスを受けるのが早道かと。

おすすめの漢方薬局(東京・青山)はこちら。
(以前、内膜症を改善するのにお世話になりました)
アクシスアン

遠方の方は、教材などを参考にされるといいかも。
生理痛 改善方法