最近、パートナーとのセックスが減ってきて
「 もしかしたら、私の膣がゆるいの? 」
と悩んでいる人、

または、彼氏や旦那さんに
直接言われたという人もいるかもしれませんね。

自分の膣のゆるさって
他の人と比べてどうなのか、というのは
自分ではわかりませんよね。

男性のように大きさを比べるわけにもいかないし・・・


そんな時は、女性器の膣圧を
自分の感覚でセルフチェックする項目
確認してみましょう。

以下の項目が5つ以上当てはまれば
ゆるくない状態(かも)。

4つ以下の場合は、膣圧がゆるいかもしれません。

1. 尿意を感じてから少しの間がまんできる
2. おしっこの時に強弱をつけられる
3. 膣に力を入れて気持ちよさを感じられる
4. 膣でオーガズムに達することができる
5. セックス中にコンドームが外れたことがある
6. 騎乗位のセックスで、自分で動いて気持ちよくなれる
7. 20回以上スクワットができる


いかがでしたか?

もし4つ以下しか当てはまらなかったとしても
がっかりすることはありません。

膣の形状というのは個人差がありますが、
サイズの差は数ミリ程度なので
要は膣の締まりというのは
膣の筋肉量で決まってくるのだそうです。

その膣の筋肉というのは
最近耳にすることも多くなった
「 骨盤底筋群 」という筋肉です。

筋肉なので、日々のトレーニングで鍛えることが可能。

骨盤底筋群は、膣の入り口周辺にある筋肉で
膣の中の筋肉は「 平滑筋 」というものなのですが
骨盤底筋群を鍛えることで
平滑筋の収縮も導きやすくなるそう。


この骨盤底筋群を鍛えるためには
お尻や膣の入り口をキュッと締めるという方法が
よく紹介されています。

ですが、実際に骨盤底筋群を
きちんと使えているかどうかは
自分では分かりにくいものなんです。

より効果的にトレーニングするには
膣トレグッズ を利用するのがおすすめ。


日常的に使用することで
膣力アップとともに
オーガズムも感じやすくなるのだとか。

膣がゆるいかも・・・と感じているのであれば
こういったグッズも積極的に活用してみましょう。

膣を鍛えるトレーニンググッズに興味津々


デリケートゾーンのケア方法 4つのステップ

膣ケア(会陰マッサージ)体験談 まとめ

会陰マッサージにおすすめのオイル

膣トレグッズ

 
膣ケア(会陰マッサージ)の方法はこちらの書籍を参考にしています。

【 おすすめ書籍 】

ちつのトリセツ 劣化はとまる [ たつの ゆりこ ]




デリケートゾーンのエクササイズ!