膣トレーニングが上手くできない!

そのお気持ち、よーく分かります。

私も膣トレーニング
(骨盤底筋体操)を始めたとき
しばらくは上手くできずに
投げ出しそうになっていました。

2週間くらい毎日続けて
やっと少しコツがつかめてきた
という感じですかね。

人によって差はあると思いますが
骨盤底筋群の筋力や
膣を締める力が弱くなっている場合
(膣を使っていない、ということね)

自分の意志で筋肉を動かそうと
コントロールすることが難しく感じると思います。

私なんて、最初
まったく動かなかったですから!!
(自慢にはなりませんが)

確実に上達するためのポイントは
膣に指を入れて、膣口や肛門を
きゅっと上にあげるような意識で力を入れて
筋肉の動きを確認すること。

膣や肛門をキュッと締めるだけの
エクササイズがよく紹介されていますが
「 やっているつもりで
骨盤底筋が動いていない 」

というパターンも多いと思います。
(私がそうでした・・・)

自分では力を入れているつもりでも
指に触れている前後の筋肉が
まったく動かなくて驚きました。

でも、指に触れる感覚を意識して
どこにどう力を入れたらいいか
考えながら動かしているうちに
コツが掴めてきたんです。

それでも、2週間くらい
かかりましたけどねえ・・・

確実にできるようになってきた!
と自分でOKが出せるようになったら
その後は、指を入れて確認しなくても
力を入れるべきところを意識して
キュッと締めればいいだけ。

なので、いつでもどこでも
膣トレーニングができちゃう、
というわけです。

よりしっかりトレーニングしたい場合は
膣トレーニングのグッズを使うのが
よいと思いますし

もしかしたら、最初から
膣トレーニンググッズを使って
やったほうが上達が早いのかもしれませんね。

このあたりは、実際に購入して
確認してみたいと思います。

デリケートゾーンのケア方法 4つのステップ

膣ケア(会陰マッサージ)体験談 まとめ

会陰マッサージにおすすめのオイル

膣トレグッズ

 
膣ケア(会陰マッサージ)の方法はこちらの書籍を参考にしています。

【 おすすめ書籍 】

ちつのトリセツ 劣化はとまる [ たつの ゆりこ ]




デリケートゾーンのエクササイズ!