私は昔から乾燥肌で
ひどいときは白く粉を吹くような
状態になったりしていたのですが。

それでも、肌に何かをつける
というのがあまり好きではなく
保湿は最低限、という感じで
基本ほったらかしでした。

乾燥以外のトラブルはなく
人目には「 綺麗な肌 」と
映るような状態ということもあって
何もしてこなかったのですよね~。

最近になって、膣マッサージを始めて、
それに伴って全身のオイルケアもするようになり。

ちょうど同時期に、
いい革製品(バッグや靴)を持つようになり
そちらのお手入れもするようになりました。

クリームやオイル、クロスなど
きちんとしたお手入れ用品を揃えて
やり方を調べて。

そして、お手入れされて
素敵にエイジングした革製品などの
美しい艶を目にする機会もあったりして。

「 あぁ、人間の皮膚も同じで、
きちんとお手入れをしてエイジングしていくと
きっとこんなふうに風格が出て来るのかしら 」
なんて思うようになりました。

なので、最近は
ボディケアも義務感からではなく
経年の変化を楽しみにして行っています。

その日の気分や気温に合わせて
クリームやオイルを使い分け、
薄く丁寧に塗り込む。

保湿目的というよりは
艶のある健康的な肌を育てていく
という感覚なので
オイルの量もかなり少量を
丁寧に塗り込む感じです。

膣マッサージでは
干からびかけた?皮膚を
しっかり保湿して蘇らせる!
という気合いで行っていたので
けっこうたっぷりとオイルを使っていたんですよね。

でも、そんなに必要なかったのかも。

ボディ同様に、そちらも見直して
楽しんで毎日のケアを続けていこうと思います(^^)

デリケートゾーンのケア方法 4つのステップ

膣ケア(会陰マッサージ)体験談 まとめ

会陰マッサージにおすすめのオイル

膣トレグッズ

 
膣ケア(会陰マッサージ)の方法はこちらの書籍を参考にしています。

【 おすすめ書籍 】

ちつのトリセツ 劣化はとまる [ たつの ゆりこ ]




デリケートゾーンのエクササイズ!