骨盤底筋トレーニングの方法は
「 ケーゲル体操 」や「 ガスケアプローチ 」など
独特なトレーニング方法が
インターネットや書籍などで紹介されています。

その中で、今回取り入れてみる骨盤底筋体操は
NHK「あさイチ」で紹介されていた方法。

・尿道括約筋
・肛門括約筋

この2つの筋肉を別々に動かして鍛える体操です。

尿道括約筋を鍛える体操

1.両足を肩幅に開き、つま先を内側に向けて立つ

2.息をゆっくり吐きながら両膝を曲げていって、両足の膝頭をくっつける
( 同時に膣口に力を入れ、膣口をお腹の中に引き込む感じで引き上げる )
そのまま5秒ほど保つ

3.息を吸いながら両膝を離していき、同時に膣口をゆるめる

4.この動きを10回以上繰り返す

肛門括約筋を鍛える体操

1.両足のかかとをくっつけ、つま先を外側に開いて立つ

2.息をゆっくり吐きながら両膝を曲げていって、両膝を離す
( 同時に肛門に力を入れ、肛門をお腹の中に引き込む感じで上げる )
そのまま5秒ほど保つ

3.息を吸いながら両膝を閉じていき、同時に肛門をゆるめる

4.この動きを10回以上繰り返す


ちょっと難しそうな感じもしますが
慣れてきたら上手くできるようになるかな?

ただ、膣や会陰が硬くなっていたり
骨盤底筋が衰えていたりすると、
正しい動きをしているつもりでも
肝心なところに力が入っていなかったりするそう。

自分の意志で思い通りに動かすのは
なかなか難しいのだとか。

できれば、最初のうちは
オイルを使った会陰マッサージをした後で
膣に指を入れた状態で骨盤底筋体操を行い
前後の筋肉がきちんと動いているかを確かめるようにして
自分なりにいろいろと試してみるといいようです。

慣れてきたら、
指を入れなくてもできるようになるそうですよ。

どうしても力の入れ方がわからない場合は
骨盤底筋体操や膣トレの専門家に相談するのもひとつです。

やっているつもりでも、効いてないのでれば
あまり意味がないですものね・・・

デリケートゾーンのケア方法 4つのステップ

膣ケア(会陰マッサージ)体験談 まとめ

会陰マッサージにおすすめのオイル

膣トレグッズ

 
膣ケア(会陰マッサージ)の方法はこちらの書籍を参考にしています。

【 おすすめ書籍 】

ちつのトリセツ 劣化はとまる [ たつの ゆりこ ]




デリケートゾーンのエクササイズ!