このページは2001年に子宮内膜症(卵巣膿腫)が見つかってからの私の体験談などを載せています。初めての方はこちらからご覧ください。
はじめてこのページへ来てくださった方へ


最後に皆さんへのメッセージ

漢方を飲み、食事、睡眠の改善をはじめてから変わったことは3つありました。

1つ目は、体調が良くなったこと。

生理前のお腹の痛みがほとんど無くなり、生理の時一番辛かった癒着のつっぱる痛みと排尿痛が無くなりました。

2つ目は、冷えが改善されてイライラが少なくなったこと。

最初にシーちゃん先生に相談した時「ほんとに普段イライラしたりしていない??」と何度も聞かれました。自分では「それほどでもないかな・・・」と思っていたのですが、漢方と養生をはじめてみると、気持ちが落ち着いてきて、今までイライラしてたのかも?と感じるようになりました。体調が原因でそうなってしまっていたことに気付かないで過ごしていたら、いつもイライラしている自分のことが嫌いになっていたかもしれない、と今では思います。

3つ目は、代謝が良くなって無駄な脂肪が落ちていったこと。25歳を過ぎてからは、ジムに通って運動をしたり、甘い物を控えてもこんなに脂肪が落ちたことはありませんでした。ところが、漢方と養生をはじめてからは、3~4ヶ月で簡単にベスト体重まで落ちました(マイナス7kg!)。これは食事改善だけの効果ではないと思っています。漢方の服用によって代謝が良くなったのだと思います。これは予想外の嬉しいオマケでした!


最初は、突然思いもよらない病気を告げられて、暗い気持ちになっていましたが、この病気にならずに、何も考えず毎日を過ごしていたら、もっと深刻な体のひずみが現れていたかもしれません。そう考えると、ここでアクシスアンさんとの出会いがあって、自分の体や健康をじっくり見直す時間が与えられたことは、とてもありがたいことだと思います。

病院ではその病気を治すことだけに専念してしまいがちですが、健康は自分の意志で取り戻さなくてはいけません。それに気付かせてくれたのは、シーちゃん先生です。このブログがアクシスアンさんとの出会いのきっかけになり、みなさんの健康を取り戻すきかっけになってくれれば、と思っています。

◎ 漢方サロン アクシスアン(東京・青山)
http://www.acsysun.co.jp/counseling/


そして、私のこの日記が、ホルモン療法や手術以外にも症状を改善させることができる、という一例としてみなさんの参考になれたらいいなぁ、と思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


漢方+養生日記(子宮内膜症 改善体験談)
はじめての方へ
これまでの経緯

1.漢方薬の服用スタート!
2.基礎体温が安定してきた
3.生理痛が軽くなった!
4.食事改善に慣れてきました
5.卵巣が正常な大きさに!
6.食事チェック合格!
7.奇跡だ!鎮痛剤を飲まずに乗り切る
 
 
◆子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・子宮腺筋症を自宅で改善◆
~10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法~