小陰唇を小さくするための手術は
「 美容目的 」なので
美容外科でやるものだとばかり思っていましたが

婦人科や形成外科などでも
診療や手術を行っているところがあるようです。


ということは、場合によっては
小陰唇の縮小手術は
保険適用でできるのでしょうか・・・?

基本的には保険適用外

小陰唇の縮小について、婦人科では
「 形状の悩みについては病気ではない 」
という判断をされることが多いようです。


病気と判断されない場合は
保険適用とはなりません。

基本的には、ということなので
例外もあるのだとは思いますが
ほとんどの場合、適用外になるのだと
考えておいたほうがよさそうです。


婦人科などでは、
小陰唇肥大は病気ではない
という判断になるということで
積極的に手術を行うところは少ないようです。

婦人科を探す際の注意点

数は少ないとはいえ、
一部、女性の悩みに共感している先生がいるところでは
婦人科系の形成手術を行っているところもあるようです。

どうしても婦人科で手術を受けたい!という方は、
サイトなどをチェックして
いい先生がいる病院を探してみるのも
ひとつかもしれません。

その際に注意したい点は・・・

理解がある医師がいるか

小陰唇肥大などの理由で
婦人科形成を希望する場合、
その悩みに対して理解がある医師がいるかどうか
というのは大事なポイントになります。

「 病気ではないから、たいしたことがない 」
「 気にする必要はない 」

などと、心無い言葉をかけられてしまったら・・・

せっかく勇気を出して受診したのに
心が折れてしまうと思います。

実際に、患者の気持ちを考えず
自分の考えを言い放つ医師は多いものです・・・

悩んでいる気持ちに
さらに追い打ちをかけるようなことは
絶対に避けたいですよね。

近場の病院で
婦人科形成の手術が診療内容にあるから
ということだけで選ぶのではなく

ホームページなどをしっかりチェックして
理解のある医師がいるかどうか
見極めて受診するようにしましょう。

手術の症例数が多いか

もうひとつ大切なポイントが
症例数が多いかどうか という点です。

女性器を見慣れているから、という理由と
実際に小陰唇縮小の手術症例が多く
いろんな例を手がけている
ということでは大きく違います。

小陰唇の縮小術は、
簡単に言うと「 切って縫うだけ 」の手術で
体への負担も少ないと言われていますが

だからと言って
ただ大きさが小さくなればいい
というものでもありません。


簡単な手術とはいえ
形の整え方や縫い方にコツがあるようですし
様々な症例を扱っていることで
手術の腕も上がり、柔軟な対応ができるのは
言うまでもないですよね。

医師の人間性や相性なども大事ですが
安心して任せられると思えるような
医師を根気よく見つけてほしいと思います。

美容外科なら選択肢が多い

美容外科は普通の病院と違って
どうも敷居が高い・・・
と感じる方も少なくないようです。

病気ではない部分を
美しくすることを目的に
整えることをしていくところですから
保険適用にもならず
料金も高いという印象もありますよね。

それに、悩みがあるとはいえ
やはりどこかで「 整形なんて・・・ 」
と思ってしまう場合もあるのではないでしょうか。

ただ、小陰唇縮小などの
婦人科形成の手術については
一般的に美容外科のほうが
症例数が多く、実績もあります。


どうしても美容外科は避けたい、
という人でない限り
やはり婦人科形成は
美容外科でやるほうがいいのかなと
私自身は思っています。

先日、カウンセリングを受けに行った美容外科 では
担当医師がみんな若くて驚きました。

えっ、こんな若い先生で
大丈夫なんだろうか・・・

とちょっと不安な気持ちも。

でも、
威厳がありそうな男性医師に任せたら
安心な理由ってなんだろう?
と考えると

それって、
「 なんとなく経験豊富そうなイメージ 」
でしかないな、と思いました。

よくよく考えると
擦れるなどの不快な症状をなくしたい
ということの他に
できれば美しく整えたい
という思いがある人がほとんどですよね。

もちろん私もそうです。

そう考えると
美意識が高いのはどっち?

女性の気持ちを
分かってくれるのはどっち?


もちろん、男性医師でも
患者のことを考え
共感してくれる先生もいると思います。

逆に、女性医師でも
患者の気持ちを理解しようとしない
人もいるかもしれません。

そこはホームページや
ブログなりをチェックして
実際に診察を受けて
見極めるほかないのですが。

実際にお会いした女性医師は
この先生なら症例数も多いし
お任せしてもいいかもと感じたので

若い女性医師だから

という理由で不安になるのは
変だったなと考え直しました。

実は相談しやすい

基本的に美容外科は
「 見た目の悩み・コンプレックス 」を
解消するための診療が主です。

ですので、
小陰唇が大きい、見た目を綺麗にしたい、
という悩みに共感してくれて
丁寧に対応してくれるところが多いです。



婦人科を選ぶのも、美容外科を選ぶのも
もちろん個人の自由です。

ですが
「 敷居が高い 」「 料金が高そう 」
というイメージだけで
美容外科を敬遠しているのだとしたら
もったいないなと思います。


実際に相談に行くのは
少し勇気がいるかもしれませんが
( 私も最初はそうでした! )

もし、少しでも気になっているのであれば
ぜひカウンセリングだけでも
受けてみることをおすすめしますよ✨

美容外科 カウンセリング体験談
小陰唇の縮小手術の無料カウンセリングと、女性医師の診察を受けてきました

【 関連記事 】
婦人科形成(小陰唇縮小手術)の症例写真を見るポイント
小陰唇を小さくするには、整形手術しかない?
小陰唇の縮小手術をするなら婦人科?美容外科?
小陰唇が肥大する(大きくなる・伸びる)原因
小陰唇の大きさは、大陰唇とのバランスが大事
小陰唇の左右差について
小陰唇の平均的な大きさ・長さ・サイズは何センチ?
小陰唇のお悩みランキング
小陰唇が大きくてVIO脱毛の時に恥ずかしい・・・
あそこのビラビラは何ていう部分?
あそこのビラビラが大きい?と気づいた瞬間・・・
無料カウンセリングを申し込みました
 
 
40代女磨き